脱毛の処置について

}PgžxQ脱毛処理には時間がかかるもので、処理期間中にもまばらな毛が生えてきたり、毛穴の汚れを放置しておくのはつらいと言えます。
処理をしている期間中は、除毛のみが可能です。
除毛は毛根については影響を与えないようにして、肌の上に出た毛だけを処理することを言います。
カミソリなどでシェービングすることや、除毛クリームを使って処置することになります。
毛が生える仕組みには毛の生え変わるサイクルがあり、そのことについて理解しておく必要があります。
毛は成長期や退行期、休止期を繰り返して生える仕組みになっていますので、やみくもに毛抜きなどで毛を抜く行為は危険です。
処理を行っている期間中としては、肌に負担のかからないシェーバーなどを利用すると良いです。
顔専用のシェーバーなどを使うことによって、皮膚へのダメージを抑えることができます。
処置をした後の1週間から2週間程度の間は、肌へのダメージが強く残っている期間ですので、カミソリなどで強い刺激を与えてしまうと、炎症が起きてしまったり色素沈着のリスクが大きくなってしまいます。
シェーバーであれば肌に優しいので、カミソリほどの表皮を削ることにはなりませんのでダメージを少なく抑えることができます。

コメントを受け付けておりません。