処置中に妊娠した場合について

永久脱毛は毛周期に合わせて脱毛をしていきますので、完全に脱毛が終わるまでに数回~数十回通う必要があり、期間も1年以上掛かる場合が多いです。
脱毛サロンへ通う期間が長期間になりますので、処置中に妊娠をしてしまう人もいます。一般的にレーザーや光脱毛は胎児には影響が無いといわれていますが、多くのサロンでは妊娠した場合には処置は一旦中止をする事を勧められます。妊娠中はホルモンバランスが崩れてしまいますし、その影響で一時的に体毛が多くなる人が多いです。非妊娠時と比べて体の状態が違いますので、妊娠中の毛周期に合わせて脱毛する事はあまり意味がありません。
また、妊娠中はちょっとした環境の変化でも体に異変が起きやすいデリケートな時期ですし、胎児に何か影響があった時の事を考えて大事をとって妊娠中は脱毛をしないサロンが多いです。つわりなどの症状もあり、施術中に気分が悪くなってしまうことも考えられますし、サロンへ通う事も体に負担をかける可能性もあります。
通っているサロンにもよりますが、妊娠中は休憩という事で出産後に同じ契約条件で脱毛を続ける事が出来る所が多いですので、妊娠が発覚したらまずはサロンに相談をしてみましょう。

コメントを受け付けておりません。