施術後の痛みの違いについて

脱毛の施術では、肌を保護するジェルを塗ってから、光を当てることで、毛を減らしていきます。
この光は、黒い色に反応するので、ムダ毛を効果的に脱毛することができます。
施術後は、お肌を沈静化するトリートメントを塗りますが、それでもお肌は刺激を受けた状態です。
終わってから、痛みが出ることがありますが、チクチクとした感じは、毛穴が刺激を受けている状態です。特に施術を受けた当日は、刺激が残っている状態なので、症状がでやすいです。
保冷剤や冷やしたタオルなどで冷やすようにしましょう。お風呂も湯船に入ることは避けて、
シャワーで済ますなど、お肌をあたためないようにします。スポンジでゴシゴシこすらないように注意しましょう。
ヒリヒリとした痛みは、お肌が軽いヤケド状態になっていることがあります。痛みの違いはありますが、こちらも冷やすことで対応できます。保冷剤や冷やしたタオルを、脱毛をした部位に当てて、
お肌を冷やしていきます。しかし、冷やしてもヒリヒリした状態が続くようであれば、お肌のトラブルになっていることが考えられます。
3日経っても状態が変わらないような時は、皮膚科を受診して、お肌を診察してもらうことが必要になります。

コメントを受け付けておりません。